民宿「アットホームおおほり」のおかみの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
避難所となった猪苗代
猪苗代町も避難所となり、おおほりでも炊き出しのお手伝いをしています。そして使かっていない布団、毛布、タオル等色々少しでも使っていただきたいと思っていましたところ、観光協会の方からの要望がありそれが役にたちそうです。快適とはいかないでしょうがせめて、寒さ、空腹だけは満たしてあげたいですね。避難生活はこれからいつまで続くか分かりません。しかしこの事があり皆ひとつなり、(日本中、世界中)ひとりでも多くの人たちを助けたい、元気をあげたいと皆同じ思いをしているのではないでしょうか?
避難所の様子、テレビで見ていますが、心が痛みますね。
宿も提供したいのですが、この地震のために部屋のヒーターの耐震装置が壊れてしまい、暖房が使えないのです。
大変申し訳ないと思っております。

今私にはこの程度しかお手伝いができませんが、誰にでもできる事はやはり”義援金”かな?
”義援金”だったら何処にいても、海外からでもできるし:::

でも私にはこの“義援金”ついて、どのような所でどのように使われるのかが良く分からないのです。
猪苗代町への”義援金”でしたら町で受け取ってくれるそうです。

もし出来る方には災害募金をお願いできれば?と今思うところです。
スポンサーサイト
Copyright © 2005 アットホームおおほり. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。